離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME >> 性格の不一致

性格の不一致

離婚原因で男女ともにもっとも多いのが性格の不一致です。生活習慣の違い、価値観の違い、養育に対する考えの違いなど、夫婦によってポイントは異なりますが、共に生活していくことが耐えられないほど、性格がまったく噛み合わない場合を性格の不一致と呼んでいます。

question
夫が離婚に同意しないのですが、性格の不一致を理由に離婚することはできますか?
answer
夫婦双方が離婚に同意している協議離婚であれば離婚は可能ですが、一方が離婚に同意しない場合は、難しいといえるでしょう。
日本では、結婚生活を破綻させるに至った裏切り(不貞行為)や責任の放棄(悪意の遺棄)があった場合にのみ、互いの同意がなくても裁判で離婚ができるという制度がとられています。したがって、性格の不一致が夫婦の婚姻生活を破綻させるほどに強度のものであり、修復困難であることが客観的に認められなければ、離婚が裁判で認められる可能性は低くなります。


お問い合わせはこちら