離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME >> 夫の借金

夫の借金

question
夫には多額の借金があるのですが、これを理由に離婚できますか?
answer
借金を作った理由が何かによってくると考えられます。
たとえば、ギャンブルや飲み代などのように遊興費のためにできたものであれば、離婚できる可能性が高いといえるでしょう。
一方、その借金が子どもの学費や生活費といった理由に基づくものであれば、ケースバイケース、離婚が難しくなる場合もあります。もっとも、夫婦で離婚について合意していれば、離婚は可能です。
question
離婚する時に、夫の借金を一部でも負担しないといけませんか?
answer
まずは、借金について整理してみることが必要です。
つまり、契約書(借用書)上の名義人は夫になっていますか?また、その借金はどこから、何の目的で借りたものでしょうか?夫名義で、遊興費として消費者金融から借りた金銭であれば、妻が返済の負担は負わないと考えてよいでしょう。
しかし、それが夫名義であっても、例えば住宅ローンである場合などは妻も負担しなければならない場合も出てきます。婚姻中に築いたプラスの財産を夫婦で分けるのと同じように、マイナスの財産(借金)についてもそれが夫婦のためのものであるならば、一部妻が負担しなければならない場合もあると考えられます。
 また、妻がその借金の連帯保証人になっていないかは必ず確認しておきましょう。もし、連帯保証人になっている場合は、妻も夫の借金を全額返済する義務を負うことになります。
question
夫が借金をする時に連帯保証人になったのですが、離婚すればこの連帯保証人から外れますか?
answer
離婚したからといって自動的に夫の連帯保証人から外れるということはありません。連帯保証契約は、保証人(妻)と債権者(貸主)との間の契約ですから、連帯保証人から外れる場合も、債権者(貸主)の同意が必要だからです。
したがって、離婚を機に連帯保証人から外れる場合は、離婚する前に夫に別の連帯保証人を立てるよう求め、債権者(貸主)との間でも協議を行う必要があります。債権者(貸主)がいわゆるサラ金であるなどの場合は、専門家への相談を強くおすすめします。


お問い合わせはこちら