離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME >> 離婚とお金 【財産分与】

財産分与

お互いが結婚している期間中に築いた財産を2つに分けることを財産分与といいます。
夫が一家の大黒柱として1人で働きに出ており、妻が専業主婦であるという場合であっても財産分与は認められます。夫が働きに出ている間、妻が家事・育児をし家庭を守っていたからこそ、夫は働いて稼ぐことができたと考えられているからです。
家庭裁判所では、原則として2分の1ずつの分割で話し合いを進めていきますが、合意に至らない場合も多く、7:3~8:2で話し合いをまとめる場合もあります。

ただし下記の財産は原則として財産分与の対象となりません

  • 結婚するときに実家から持って来た財産
  • 結婚前から持っていた財産(貯金、車など)
  • 結婚後に親・兄弟から相続した財産


お問い合わせはこちら