離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME >> 離婚とお金 【不動産のローン】

不動産のローン

夫婦の住居としてマンションなどの不動産を購入している場合、離婚後そのマンションをどうするかによって残っているローンの扱い方も変わってきます。

離婚後売却する場合

売却によって利益が出る場合

(売却金額)3,000万円-(残ローン金額)2,000万円=(利益)1,000万円

売却によって得られた金銭で残ローン2,000万円をまずは返済します。 残った1,000万円は財産分与の対象となり、夫婦で原則2分の1ずつ分け合います。他の財産との調整により、金額の増減や夫または妻のみのものとすることもあります。


売却によって損(債務)が出る場合

(売却金額)2,000万円―(残ローン金額)3,000万円= (残ローン)1,000万円

売却によって得られた金銭で残ローンの2,000万円分を返済します。 その後、足りない1,000万円は夫婦で原則2分の1ずつ支払うことになります。 ただし、夫婦一方(多くは妻)の経済状況により支払いが困難な場合は、他の財産分与の対象となる財産と調整したり、返済の負担割合を調整したりすることもあります。

  • 売却してもローンが残る場合は、マンションに設定されている(付いている)抵当権が残ったままになってしまうため、買い手を見つけることは非常に困難です。
    そのため、あらかじめ足りない金額(上の例では1,000万円)を用意しておき、抵当権を抹消する必要があります。詳しくは当事務所にお問い合わせください。

離婚後、夫婦どちらかが住み続ける場合

そのマンションの名義が夫婦どちらか一方の単独名義か、双方の共同名義かによって残ローンの支払方法は異なってきます。
もっとも現実的で後から問題になりにくいのは、住む方の名義に書き換えておき(当初より名義人になっている場合はそのままでよい)、残ローンがある場合は住む方が支払うという方法でしょう。
残ローンを支払うことが困難であれば、他の財産分与・慰謝料と調整したりすることも考えられます。そのほかにもローンの支払方法はあり得ます。
当事務所にご相談ください。



お問い合わせはこちら