離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME >> 離婚と子ども【親権・監護権】

親権・監護権

親権とは、子どもの財産の管理をしたり、子どもに代わって売買などの契約を結んだりする権利のことをいいます。
監護権とは、子どもの世話やしつけ、教育などをする権利で、子どもと一緒に生活する権利のことをいいます。

父母が協議離婚する場合、離婚届に親権者を明記する必要があります。
そのため、夫婦の間にお子様がいらっしゃる場合はそれぞれのお子様について、夫または妻のどちらを親権者とするか決めておかなければなりません。
どちらが親権者になるかで争いがある場合は、家庭裁判所に親権者を決めるための調停の申立てをして決めることになります。

親権者と監護権者は夫または妻のどちらか一方だけにすることが多いですが、夫を親権者・妻を監護権者とすることも可能です。
ただし、注意が必要なのは夫を親権者・妻を監護権者とした場合、妻がお子様の姓を妻の姓に変更するとき、妻が子どもの代わりに契約をするとき、子どもの財産を処分するときなど様々な場面で親権者である夫の承諾が必要となります。
そのため、離婚後の夫との関係が悪化した場合には承諾がもらえないなどの事態が生じることもあることを念頭に置いておく必要があります。
また、親権者の変更を後から行うことも可能ですが、その際は裁判所での調停手続を経なければならないなど簡単にはできないということも合わせて念頭に置いておく必要があります。



お問い合わせはこちら