離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME 初めてご相談される方へ【行政書士ができる事・できない事】

行政書士ができる事・できない事

できる事

たとえば、

  • 離婚することにはお互い合意しているが、お金のことや子どものことを確実にしておきたい場合
  • 離婚自体はお互いに合意しているが間に入ってくれる人がほしい場合
  • 夫婦ともに時間が取れなくて離婚協議書や離婚公正証書を作る暇がない場合

このような場合、つまり夫婦双方が裁判所を利用せずに、協議離婚に向けて話し合いを進めている場合は行政書士が間に入ることができます。 行政書士は、離婚協議書や離婚公正証書などの書類を作成するために問題点を整理したりその解決策をご提示したりすることができます。相手方と交渉することはできませんが、書類作成の過程で、相手方のお考えをお聞きしたりするため会ってお話しもすることもあります。そして、夫婦双方の合意が得られれば、離婚協議書を作成し、あるいは公正証書の原案を作成して公証役場に持ち込むことが可能です。
このように、裁判所までいかない協議離婚の場合には、行政書士は皆さまのサポートをすることができます。


できない事

行政書士は、夫婦どちらかの代理人として相手方と交渉したり、離婚調停・審判・裁判の代理人となることはできません。これができるのは原則として弁護士だけになります。したがいまして、代理人を頼みたい、裁判所を利用したいということでしたら弁護士にご相談される必要があります。




お問い合わせはこちら