離婚の悩みご相談、奈良の離婚問題 サポートサイト 行政書士ディア法務事務所


HOME>> 離婚に関するQ&A

離婚に関するQ&A

Q. 【熟年離婚】    アキコさん(56才・女性)の場合

夫とは30年前に結婚しました。現在28才と25才の息子、23才の娘がいます。
夫は現在58才になるのですが、これまで家事は一切手伝わず、休日も家族と一緒に過ごすことを全くしてきませんでした。
私が少しでも文句を言おうものなら、だれのお陰でメシが食えてると思っているんだと怒鳴られ、息子が学校で少し問題を起こした時も、お前の教育がなってないからだと言われて…。
とにかく、これまで夫の言動には悔しい思いもしてきましたし、子どもが大きくなるまでの我慢だと思ってやってきました。
そしてようやく、この4月に一番下の娘も無事就職し、子ども達全員がこの家を出ていきました。
夫はあと2年で会社を退職しますが、退職後の人生をお互いに過ごすことは私の中ではあり得ません。
やっと母親としての義務から解放されたのですから、残りの人生は自分のために生きたいのです。
私もパート収入で手取り月8万円ほどありますが、それだけでは少し心もとないですし、自分の年金だけでやっていけるかはとても不安です。
友達から離婚したときには夫の年金を分けてもらえるらしいって聞いたんですが本当ですか?

回答

まず、離婚について夫の合意があることが協議離婚の前提になります。
合意が得られない場合には、調停離婚、裁判離婚に進んでいきます。
今回は同意が得られるという前提で話をさせていただきますと、まずは財産分与として、結婚後に購入した財産(不動産・車など)や預貯金を互いに分けることになります。
ご相談の感じからしてほとんどの財産が夫名義になっていることが予想されますが、結婚後であれば妻の「内助の功」が認められるので財産分与の対象となります。
まずはどれだけの財産があるかを把握しましょう。
そして、年金を分けてもらえる制度についてですが、アキコさんがご指摘の通り、年金分割と3号分割という制度が現在運用されています。
年金分割制度は、結婚していた期間中の夫の標準報酬を最大2分の1まで分割する制度ですが、夫の合意が必要になります。
一方、3号分割制度は夫の合意がなくても2分の1ずつ分割することが可能ですが、分割の対象となる期間が平成20年4月1日以降であること、妻が3号被保険者であった期間中だけであることに注意が必要です。
その他にも年金を実際に受け取るにあたっての要件がありますので、一概に判断することができません。
年金分割・3号年金分割については、年金事務所で調べてもらうこともできますので、一度お問い合わせいただくことをお勧めします。

お問い合わせはこちら